2011年度 メリーランド大飛躍のわけ そして 2012年度への新たな決意

2011年度?メリーランド大飛躍のわけ?そして? 2012年度への新たな決意

2011年度は、素直で子どもらしい生徒、バランス感覚に優れた御両親、そして固く団結したスタッフ
に恵まれ、驚くほどの実績をあげることができました。

成蹊42名、桐朋学園22名、早実18名の合格。幼稚園でも18名のクラスの中から立教女学院附属天使園
に10名、桐朋に4名(受験者全員)の合格をいただきました。これらはすべて、メリーランド開室以来
の新記録です。また、慶応、立教、暁星、白百合などを第一志望とする生徒さんたちのほとんどが結果
を出してくださったのも、大きな喜びでした。

これは、チームワークのよさが生んだ結果です。生徒さんたちが仲良く関わり合い、お母様方も励ま
し合ったり、情報を交換したりと、「みんなで合格しよう!」という姿勢で臨まれました。

またメリーランドのスタッフたちは、これも開室以来一番の強固な団結力でした。夜8時、9時まで
相談し合ったり、教材を作ったりなんてざら。授業では、「いつでもどうぞ御覧下さい。」という心構
えと、熱意ある指導で生徒たちを引っぱっていきました。時間外でもとことん御両親の相談にのり、学
校別クラス担当講師は、各自に持たせている携帯電話でプライベートな時間を割いて対応する、きめ細
かさでした。

年長クラスの面談は、受講クラスの全講師が出席し、生徒一人ひとりを多方面から分析した上で行い
ました。お母様方からは、「こんなにどの先生も、我が子をよく見て下さり、感激です。」というお言
葉をいただきました。また、私にとっても、年長クラスでは見えない生徒たちの姿を発見することも
多々あり、より的確な受験指導につながりました。

さて、2012年度。前期が大飛躍の実績だったとは言え、残念ながら合格に至らなかった生徒さんがい
らっしゃるのも事実です。入室テストをしないでお入りいただいていることは言い訳になりません。

当教室には各学校の情報がたくさん集まってきます。それを分析した上で、パーフェクトな合格率を
めざして、努力してまいります。「子どもたちの明るい未来のために」という大前提を踏まえながら。

56才の大野啓子ももちろん、年齢に負けないパワーでがんばります!

大野啓子